婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

アラフィフ女性の婚活。「いいじゃない、どんどんやってよ!」

わたしたちが主催する35歳以上限定婚活パーティに50歳女性の応募があった。

 

他の参加者に比べ、少し年齢が高いかな。と、思いつつ本人がとても意欲的だった。

 

50歳のH美さんは容姿端麗。人あたりもよく、明るい性格。

調理師の資格を持つ彼女は料理が得意で、それを活かした仕事に就いていた。

 

20代前半で結婚をし一男をもうけ、その後、離婚。

 

しばらくは子どもを育てる為、恋愛は一切せず。

40代前半で20歳年下の男性と恋に落ち同棲、そして50歳目前で

別れる、という経験をしている。

 

もう恋愛はしない。結婚もしない。と思っていたのもつかの間。

やっぱりまた、若い彼が欲しくなったという。

 

若い彼と一緒に過ごしていた時は、自分も同じような年齢に戻れた気がしたし、時にはその彼の母親やおねえさん役をしたり…

刺激の多い恋愛期間だったという。

 

やがて、別れを迎えることになったが、今思えば、人生において一番楽しかった期間かもしれないと振り返る。

 

わたしはH美さんと話しながら・・・んー。なるほど…と感心しつつ、H美さんのバイタリティに感服した。

 

50歳からの恋愛・婚活。H美さんだけではない。

世間では活況を迎えているようだ。

 

もしかしたら、若い世代よりもシニア世代の方が恋愛意欲が盛んだったりして。

 

そして、年上女性と年下男性のカップルも増えている。 

(今回の婚活パーティでH美さんにご縁はなかったが、)

 

H美さん、この世間の波に乗って、ガンバレ!!

 

これからもH美さんの婚活を支援していくのだ。