婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

アラフォー女性の婚活戦略。しっかり練って臨むべし。

本当に思いつくままに備忘録のように書いているこのブログ。

 

今日は、特にアラフォー女性へのアドバイス。

 

晩婚化が進み、アラフォーで結婚する人も珍しくない。

でもアラフォーで結婚を成し遂げた女性たちは、それなりに戦略を練り、結婚を勝ち取っている。

 

K美さん(42歳)は30代後半からようやく婚活を始めた。

婚活サイトに登録をしたが、35歳以上という年齢で男性の希望条件から外されやすく、いい出会いがなかった。

 

見た目が若いK美さんはずっと婚活パーティを敬遠していたが、ある日、戦略を変えて、思い切って婚活パーティーに参加してみることにした。

実は友人から「見た目が若いから大丈夫」とアドバイスを受けたらしい。

つまり年齢がすぐバレる「事前情報の交換」から離れて、パッと見がものを言う婚活パーティーで“見た目勝負”に出ることにしたのだ。

気になった男性は“年上女性NG”だったが、積極的に話をしかけるうちに、いつの間にか意気投合する男性が見つかった。

 

見事カップル成立!順調な交際を経てゴールインしたのだ。

 

今のアラフォー女性は、とにかく若めでキレイな人も多いと感じる。つまり年齢的に、美容も振る舞いも、そして働いていれば経済的にも洗練してきている年齢なわけだ。

K美さんのように見た目勝負に出てみる、というのはアラフォー世代としては決して大胆な手法ではないのだ。

 

 

次は・・・「過去縁」に期待してみるのもいい、という事例。

昔取った杵柄ではないが…

 

学生時代などに自分のファンだった男性を洗い出すのだ。

もちろん、独身男性に限るが、今はフェイスブックやインスタグラムなどで、昔の友人や仲間とも繋がりやすい。

 

Y子さん(43歳)は3年前に中学生の同級生とゴールインした。

 

相手の男性とは中学3年生の時のクラスメイトという以外、なんの接点もなかったが、ある日フェイスブックでY子さんが彼を発見。

 

同じ地元ということや、昔話しで盛り上がり、親近感も湧いて、

いつの間にか交際が始まったとのこと。

 

2人が再会してわかったことだが、彼はもともとY子さんに憧れていたとのこと。特に男性は憧れていた女性の記憶は大切にしているものだ。

 

アラフォー女性の婚活戦略。

「見た目勝負」と「過去縁」

 

仕掛けてみてはどうだろうか。