婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

女が狩りをする時代(婚活にて)

日本の男性は女性に声をかけるのが苦手。

これは、昔から変わっていない。

 

特に、結婚適齢期を過ぎたシングルの男性はますます声をかけられないのだ。

断られるリスクを考えてしまうからだ。

 

昔は女性から声をかえることはタブーとされていた。

男性から声をかけられるのを待っているというのがセオリーだった。

 

しかし、今では女性から声をかけたほうが、うまくいくケースが多いのだ。

 

わたしは女性が積極的に男性に声をかけることを強くおすすめする。

 

大袈裟に言えば、”女が狩りをする時代なのだ。”

 

とは言っても、手当たり次第にガツガツといくのは失敗のもと。

そこは大和撫子を武器にアプローチの技術が必要である。

 

(そのアプローチの仕方については次回のテーマにするとして…)

 

見事、結婚を勝ち取った勝者の女性は

アプローチだけでなく、デートや結婚まで主導権を握っているのが大半だ。

 

男性はなかなか結婚という決断に踏み切れない。

その決断を促すのも女性なのだ。

 

結婚している人に実際に話しを聞いてみると、

女性が結婚まで誘導するケースが非常に多い。

 

勝者の女性たちは積極的に狩りをし、結婚のチャンスへ自ら導いているのだ。

 

白馬の王子様をボーっと待っているだけではなく、

馬にまたがって王子様を探しに行こう。