婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

婚活に自責も他責もない

婚活に自責も他責もない。

恋愛に被害者も加害者もない。

(夫婦間でも同じだ。)

 

大好きな人にフラれたとしよう。

なんとなく、自分には責任はなく一方的にフラれたかのような気がするが、まず、そんなことはない。

 

意識しているかどうかはわからないが、あなたのどこかに相手の心を動かす何かがあったのだ。

 

恋愛においては、一方が被害者であるとか、加害者であるとかはないことを覚えておいてもらいたい。

 

「捨てられた」と、被害者意識を前面に出して相手を問い詰めたり、追い詰めたりするのはダメ。

 

フラれたということは、同時に相手をフッたということでもあるのだ。

 

 

「わたし(僕)は変わっていない。彼(彼女)の見方が変わっただけ。」

そう反論する人もいるだろう。確かにそうだ。

 

しかし、見方を変えたしまった自分にも責任があることをお忘れなく。

 

逆に言えば、婚活中は、振られても元々、振ってもしかたがない、と割り切ろう。変に責任を感じたりして結婚しちゃったりして後で「やっぱり、止めた」となれば、相手にも大損害だし、自分も傷つく。

 

相手がある、ということは、そういうことなのだ。