婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

婚活は“上書き保存”できるのだ。婚活と恋愛をあきらめるな!

アイリストのMちゃん(28歳)と知り合って、4年。

月一ペースでMちゃんの婚活と言うか、恋愛相談にのってきた。

 

本日、Mちゃんからうれしい報告を受けた。

来月、今お付き合いしている彼と入籍をするそうだ。

 

更に来年から自分たちのお店(彼は美容師、Mちゃんはアイリスト)をオープンさせるという、ダブルでおめでたい報告。

 

鬱陶しい梅雨空を吹き飛ばすほどうれしかった。

 

なんせ、Mちゃんは恋愛で痛い目に遭っている。

 

前の彼とは婚約、結納まで済ませ、式場、新居まで決めていたのに、破談になってしまった過去がある。

 

前の彼とは仲良しのカップルだったが、彼の家の事情というか、本人同士ではどうにも解決できない問題が発生し、彼のことは大好きだったが、ゴールイン直前で、別れを決めたのだ。

 

その当時のMちゃんは、激ヤセし、身体には蕁麻疹。

おまけにメニエール症候群を発症してしまい、アイリストの仕事を休職するまでに追い込まれた。

 

「もう二度と、人を好きにならない。」

「結婚するって大変なこと、怖い」

 

これが、当時の彼女の口癖だった。

 

しかし、Mちゃんは再び恋愛に挑んだのだ。

新しい恋人(今の彼)に出会って、恋に落ちた。

 

前回の恋愛で学んだことを忘れずに、慎重にお付き合いをすすめてきた。

 

「この彼なら大丈夫。」

そう思って、結婚を決意したそうだ。

 

彼に出会ってからは婚約破談当時のボロボロだったMちゃんの面影は次第に消え、どんどんキラキラと輝いていった。

 

傷ついた分、幸せになろうとするそのひたむきさにわたしは感動をした。

 

このブログを読んでくれている、恋愛で痛い目にあった人、人を再び好きになれないでいる人に伝えたい。

 

婚活をあきらめなければ、きっと出会える。それを信じて何度も恋愛に挑んで欲しい。

 

過去の恋愛は上書きできるのだから。