婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

婚活は夏にやるべし?夏は恋に落ちやすい理由。

どうやら、本当らしい。

 

夏と言えばなんとなく開放的な気分にもなれるし、お祭りや花火大会など、男女が仲良くなれそうなイベントもたくさん。

 

それに、科学的根拠もあるらしい。

 

太陽の光、つまり紫外線を浴びると、セロトニンというホルモンの分泌が促され、心身ともに活性化されるというのだ。

 

活性化というのは、気分が高揚したり、積極的に行動しようという気持ちになるということ。

 

アメリカのある研究チームによると、紫外線を浴びる量が増えると、男性はアンドロゲン、女性はエストロゲンが増加したという報告がある。

 

これらのホルモンは別名“欲情ホルモン”とも言われ、異性への関心が高まり、アプローチも積極的になるという。

 

というわけでやっぱり夏は、チューブやサザンの登場を待たなくても、科学的に恋の季節なのだ。

 

もうすぐ、鬱陶しい梅雨が明ける。

 

夏の力も借りて、恋をしてみよう。

 

ただし、恋が始まりやすい分、終わりやすいのが夏の恋の特徴。

 

「ひと夏の恋」に終わらせないための秘訣はまた明日に…