婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

婚活サイト・アプリ、使いこなすべし!

婚活、婚活と騒がれて10年は経つだろうか。

でも一口に婚活と言ってもいろいろな方法がある。

 

世話焼きおばさんや世話焼き上司が少なくなって、それに変わり、結婚相談所、婚活パーティ、婚活サイト・アプリが出てきた。

 

婚活サイト・アプリの安心度は確実にアップ中!

最近のブームは婚活サイト・アプリだろう。

しかし、まだまだこれらに抵抗がある人もいる。

 

「お二人の出会いは?」

「ネットで…」

 

 これに抵抗がある人が多い。

 

私達の親世代はもとより、若い世代でも、いわゆる出会い系サイトと混同している人も少なくない。

 

まぁ、ライトな感覚の恋活サイトもあるし、“ネットで出会う”ということに変わりはないので、わからなくもないが…

 

大手の婚活サイト・アプリを調べてみると、本人確認は必須で、独身証明書、収入証明書などを義務付けているところもある。

 

真面目に真剣に結婚相手を探す場になっている。

 

運営会社によって、それぞれ特徴があり、興味深い。

 

出会いに行き詰まっている人がいたら、婚活サイト・アプリに登録してみてはどうだろうか。

 

出会いが広がるのは間違いなさそうだ。

 

“36億分の1人”を探そう!

ブルゾンちえみさんのネタではないが、あなたが女性なら、婚活サイト・アプリを使えば“36億分の1人”の男性に出会えるかもしれない。

 

世界的規模で会員を持つマッチングサービスも日本に進出してきている。ピンク・レディーの歌「UFO」ではないが(古w)、♪日本の男に飽きたところよ!ということなら、海外の男性と付き合ってみるという考え方もあるだろう。

 

ほんの10年前ぐらいには、日本でこういったサービスは存在していなかっただろう(海外ではあったが)。

 

インターネットというツール(道具)をもっと婚活に活かしてみるべきなのでは、と思う。

たとえば、SNSで「猫好き!」と日々宣言していれば、猫嫌いの異性とムダな時間を過ごすことも無くなるだろう。(意外に、猫抜きで気があったりもすることもあるのだが・・・)

 

婚活サイト・アプリを使う場合の注意点

最近では、外国人が民泊に日本人女性を連れ込んで・・・みたいな嫌な事件も起きている。

 

まず注意してもらいたいことは、相手の見定めに時間を掛けること。

 

どんなマッチングサービスでも、各会員のプロフィールや日記などが見られるはず。時間をかければ行動パターなども見えてくる。

 

相手は「すぐに会いたい」とか声をかけてくるかもしれないが、そんなものは焦らして構わない。

 

ほんとうに気にしていてくれるのなら、ずっとアプローチを続けてくれる。

 

慌てない、慌てない。

やるべきことは、あなた自身をきちんと伝え表現し続けること。

 

そうすれば、出会いは必ず生まれてくるはず。