婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

恋愛・婚活では、相手の意志を引き出すまで待つべし

日本人はなかなか自分の意志を示さない。

ましてや、これが恋愛や婚活になると・・・。

 

生まれも育ちも違う大人二人が、新しく付き合いを始めたり、家庭を築くのである。

本来、意志表明は必要不可欠なはずだ。

 

その大切なはずの意志表示がなされないまま、次に移っていく・・・。

大概の男女間のトラブルには、こんな背景があるのではないか?

 

変な言い方だが・・・

もしなかなかいい相手に出会っていないのなら、むしろ、いまさら慌ててヘタを打つこともあるまい。

 

恋愛・婚活では、相手の意志を引き出すまで待つ

決して“恋の駆け引き”みたいな楽しい話ではない。

 

恋愛も、とは言わないが結婚となれば、これは“契約”である。

意志のないところに契約など、本来ありえないのだ。

 

特に情けないのは男たち。

自分から意志表示ができないどころか、これがまたマザコンとは言わないが「お母さんが代わりに言ってあげる?」みたいな情けなさ。

 

でも例えば、女性の立場だったら、こんな男たちを追いかけても尽くしても、何も出てこない。

干して干して、自分の口からどうしたいのか言わせるようにしてはどうか?

そしてその意志を尊重し、男たちもその意志を守ろうとすることで、初めて次のステップに進めるのではないか。

 

 

実際のところ、恋愛はギブ・アンド・テイクだが、自分だけが与えているだけで、戻ってこないと感じているなら、それは与え過ぎているかもしれない。

 

特に女性は「与えすぎ」が多い傾向にある。

 

彼に会いたい時に「会いたい」と素直に伝えることは決して悪いことではない。

でも、出会って間もないのに、「次はいつ会えるの?」「愛してる」など、せっつくようなことをしたことはないだろうか。

 

与えすぎる女性への処方箋

そういう時はガマンして、自分から連絡をしばらく絶ってみよう。

しばらく会わないようにするのだ。

 

相手にも「会いたいのに会えない切なさ」を感じてもらうため。そして、自らの希望や意志をしっかりと表明させる。

 

恋を育てるのには必要不可欠だ。面倒くさいのではあるが、互いに育てあうような関係も大事なのかもしれない。

 

会いたいという感情があなたを必要だと自覚するだろうし、未来への想像も膨らむ。

これは恋愛の醍醐味だと言ってもいいし、婚活としては良い結果が導かれるための手段といっていいだろう。

 

離れている時間は馴れ合いのマンネリ気味カップルにもいい特効薬になる。

 

計画的に会えない時間を作り、「与えすぎ」を予防してみよう。