婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

結婚の適齢期とタイムリミット

結婚のタイムリミット・・・嫌な言葉だ。

 

女性が結婚したい理由のひとつに子どもを持ちたいというのがある。 

しかし、今の時代、7組に1組のカップルが不妊の時代と言われている。原因は出産年齢の高齢化が一因にある。

 

女性だけではなく、男性が高齢の場合も不妊の原因になると言われている。

 

女性の社会進出が進み、妊娠し易い20代~30代頃とキャリアを充実させたい時期も重なる。

 

そろそろ結婚、出産したいと思うのは30代後半~40代にさしかかる頃で、妊娠率が急激に低下するのだ。

子供を設けることを前提とした結婚ならば、結婚適齢期という言葉は死語になりつつあるが・・・やっぱり、それは「ある」と言わざるを得ない。

 

ある産婦人科医による不妊についての講習を受けたことがある。

 

ライフスタイルの変化で、晩婚化が進んでいるが、妊娠適齢期は今も昔も全く変わりはなく、

 

妊娠可能な年齢は42歳くらいまでがリミットだとその医師は言う。

閉経の10年前からだんだんと妊娠できなくなることを覚えておいて欲しいとのことだった。

 

“今の時代、40歳でも普通に出産できる。”

40歳を過ぎて赤ちゃんに恵まれた芸能人の話しもよく見聞きするが、残念ながら、それは錯覚あるいは勘違い、なのだ。(これは専門家からの指摘)

 

高齢出産の場合は、自然に妊娠しているのではなく、それなりの努力と治療をしている場合が多いのだ。

 

この錯覚や勘違いのために、妊娠するタイミングを逃している人も多いのが現実だ。

 

妊娠適齢期は昔から変わらないこと、それは今の医学でもどうすることもできないことをぜひ、知っておいてい欲しい。

 

今日は将来子どもを持ちたいと考えている人へのメッセージ。