婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

結婚は無理にしなくてもいい。

結婚は必ずしもしなくていい。

と、わたしは思っている。

(婚活支援事業をしているわたしが言うのも変だけど…)

 

婚活中の人から“結婚はしないとダメか?”と、いう質問をよく受ける。

 

返事は“どっちでもいいよ。”と答えることにしている。

これは結婚というプレッシャーを軽くするためでもある。

 

何のために結婚する?

・幸せになりたい

・子どもが欲しい

・老後のために

・好きな人と一生添い遂げたい

・世間体

と、いう理由にほとんどの人が当てはまりそうだ。

 

しかし、結婚はそんなに甘くない。

(脅しではない)

もしかしたら、幸せはそんなに長くは続かないかもしれない。

子どもを持ったとして、子どもで頭を抱える日々が待っているかもしれない。

 

熟年離婚をして、結局老後はひとりかもしれない。

好きな人(夫や妻)の裏切りに合うかもしれない。

 

もちろん、幸せなときもある。

ネガティブなことも必ず待ち受けていることもわかって欲しいのだ。

 

ある大手婚活サイトは“結婚後の幸せ”コンセプトにしている。

結婚後について、婚活中に学べるサービスを提供している。

(例えば、夫婦関係のことなど)

 

わたしもこれに見習うというか、

単に結婚までを支援するのではなく、結婚後のことを考えながら、

支援していくことにした。

 

結婚するだけなら、簡単だ。

問題はその後。と、いうワケだ。

 

ただ、結婚!結婚!と浮かれているだけではダメ。

あらゆる苦難を乗り越える覚悟がなければ、

 

無理に結婚する必要はないと思うのである。

 

そういう意味で、

“結婚はしなくてもいい。苦難を乗り越える覚悟がないのなら。”