婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

結婚相談所、サクラにご注意。特に九州地方?

昨日話したH子さん(40歳)。

その婚活履歴の中で、入所した結婚相談所からサクラの男性を紹介された件があった。

  

www.sgcci.jp

  

九州地方にあるその結婚相談所は40代の女性が経営している。

女性スタッフ1名をアシスタントに付け、紹介の他、婚活パーティも定期的に開催しているようだ。

 

H子さんはその結婚相談所に入会をし、40代の女性経営者からカウンセリングを受けた。

 

3人の男性候補を紹介され、その中の1人と実際に会うことになった。

 

紹介された男性は30代半ば、団体職員で条件も悪くなさそう。

しかも、ルックスも抜群だった。

 

結婚相談所で、面談をして、2回目で2人きりで食事をすることになった。

 

他愛のない話しをし、楽しい時間を過ごして手応えを感じていたH子さんは、思い切って、帰り際、結婚を前提にした自分との交際をどう思っているか聞いてみた。

 

しばらく黙り込んだ男性は申し訳なさそうに言った。

「実は僕、頼まれてお見合い候補になっているんです。実は彼女もいます。」と…

 

H子さんはショックを受けるが、2回目のデートという早い段階でこの男性が告白してくれことが幸いだった。

 

被害はそれ以上はなかったのだ。

そして、翌日にはその結婚相談所の退所手続きを取った。

 

結婚相談所側へ、クレームをつけようと思ったが、入所料と紹介料は高い勉強料と思うことにし、諦めた。

 

なぜ、その結婚相談所はサクラを紹介したりしたのか…

 

九州地方は特に未婚の女性が多い。

男性は就職で関西や関東へ出ていいくからだろう。

 

この結婚相談所でも圧倒的に女性の入所が多く、男性が慢性的に不足していた。

 

男性が不足しているとなると、結婚相談所としての機能が保てなくなると思ったのだろう。

 

40代女性経営者の知り合いにサクラの男性を頼んでいたのだ。

 

自分がサクラであるということを勇気を持って告白してくれた男性は

H子さんの婚活に対する真剣さ、あるいは人柄に触れ、

申し訳ないと思ったのだろう。

 

今もこの結婚相談所は営業している。

他に被害のないことを祈るばかりだ。

 

こんな結婚相談所は稀にしか存在しないと思うが、悪徳としか言いようがない。

 

結婚相談所に入所を考えている人は本当に信用できる相談所か吟味する必要がある。

入所料も高額な場合が多い。

ご注意を。