婚活うまくいかない?失敗の本質とは?

婚活がうまくいかない?失敗しつづける本質とは?現場にいる婚活アドバイザーがあれこれ思いつくままの備忘録。

SNSが原因で別れを告げられた婚活女

婚活パーティ常連のE子さん(39歳)はSNSが大好きだ。

 

フェイスブック、インスタグラム、ツイッターを日に何度も更新する。

 

その内容はカフェで朝活をする様子、ランチやディナーを楽しむ自分。

ハッシュタグはリア充。

 

そして、時には意味深なネガティブ発言。

 

そして、いろんな人と交流し、コメントが寄せられている。

 

SNSは良くも悪くもいろんな人がいろんな反応をする。

それをE子さんは楽しんでいた。

 

典型的な“構ってちゃん”だったのだ。

 

ある日、全世界へ発信されたこのE子さんのSNSを付き合って間もない彼氏が

目にすることになる。

(わたしも実際に目にした。)

 

わたしたちが主催する婚活パーティでカップルになり、交際に発展した彼氏Hさんだった。

 

HさんはE子さんと交際2ヶ月で別れを告げた。

 

その理由はE子さんのSNSが原因だというのだ。

 

まず、E子さんのSNSでの男性とのやり取りにドン引きしたという。

まるで恋人のようなやり取り。

この女は他にも交際している人がいるのでは?と、勘ぐってしまうほどのやり取り。

 

そして、毎回外食を楽しむE子さんの様子を見たり、高級ブランドをSNS自慢するE子さんに自分はこれ以上、ついていけないと思ったという。

 

なるほど。

Hさんが早めの別れを決断した気持ちは理解できる。

 

SNSは大げさに見せることもできるし、

極端なことを言えば、嘘の投稿だってできる。

 

また、自分が意図しない方向に勘違いされたりもする。

特に、構ってちゃんやSNS間接自慢する人はウザいと思われる。

 

せっかく交際まで漕ぎ着けたのに、

SNSで別れを告げられたE子さんも気の毒だったが、

 

いい加減、自己顕示欲の誇示と、構ってちゃんは卒業すべきである。

 

今日は、SNS構ってちゃんアラフォー女性に警告メッセージとなってしまった…